イズニーバターとエシレバターはどう違うの?

配信日:2018年9月27日

バターの二大巨頭、イズニーとエシレ

様々な料理をする際に素材となるバターにこだわる人や、トーストを食べる際には必ずバターを付ける方は大勢いると思います。

その中には日本製のものではなく、海外の高級な製品を購入している人も少なくないでしょう。そういった人たちの間で、海外製の高級バターの二大巨頭のような存在としてよく知られているのがイズニーバターとエシレバターです。

それらの二つは共にフランスで作られている発酵バターで、日本を始めとする海外の国でも高い評価を受けています。

そのどちらも日本製のバターにはない深い味わいと香りを持っているため、多くの日本人をとりこにしています。
フランスを旅行で訪れた際に、それらのバターをお土産に買って帰る人も多いほどです。

二つの違いは製造されている地域

それらの二つの製品の違いとしてまず挙げられるのは、製造されている地域です。

イズニーバターが製造されているのは、ノルマンディー地方のイズニーという、酪農大国であるフランスの中でも特に酪農が盛んな地域です。
その地域で育てられている乳牛から出た新鮮な牛乳を用い、時間をかけて発酵を行って作られているため、イズニーバターは素晴らしい品質を誇っているのです。

一方、エシレバターが製造されているのは、フランス中西部に位置するポワトゥー=シャラント地方にあるエシレという村です。
エシレは人口は三千人ほどという規模の小さい村なのですが、バターのおかげで世界的に高い知名度を誇っています。

その村で丹精込めて育てられている乳牛の出す新鮮で高品質な牛乳が、エシレバターの美味しさの元になっているのです。

日本での知名度はエシレバターに軍配

次に挙げられるその二つの製品の違いは、日本での一般的な知名度です。
バター好きの間では両方とも有名ですが、エシレバターは芸能人がテレビで名前を出すことがあるので、どちらかと言うとより広く知られています。

そんなイズニーバターとエシレバターの違いとして、一般の人でもわかりやすいのは味わいです。
イズニーバターはミルクっぽさが強くてなめらかで、エシレバターは濃厚で芳醇な味わいとなっています。

是非一度、その違いを味わってみて下さい。

話題のバターが購入できるショップはこちら

記事一覧へ戻る

HOMEネットショップニュースイズニーバターとエシレバターはどう違うの?