自転車屋で良く聞く「ミニベロ」って何?

配信日:2018年9月14日

一見すると折りたたみ自転車に見えるものの、簡易的ではなくしっかりとした強度を保ちつつお洒落で快適に移動する事ができるのがミニベロです。
ミニベロというジャンルに定義付けるためには装着しているホイールの大きさが20インチ以下である必要があるのですが20インチの他に18インチや16インチがあり、特に小さな物では12インチのホイールを装着しているモデルもあります。

そして、一見すると折りたたみ自転車に見えるものの似て非なるものであり、尚且つロードバイクなども楽しんでいて自転車に精通している方々にもファンが多いのは、小さな車体の中に職人の拘りが詰められているためです。

ロードバイクのように腕利きの数少ない職人が丁寧にフレームをハンドメイドで手がけたり、古くから変わらぬ製法を守り抜いて手がけている事例は珍しくなく、拘りが詰められているからこそミニベロでありつつも100万円を超える値が付けられて販売されている車両もあります。

また、ロードバイクなどを所有しているのにも関わらずミニベロも所有している方が多いのは、特徴的な車体により小回りがしやすいという恩恵に授かれるためです。
ミニベロのホイールは大きくても20インチなので、軽快車に比べても突出して小さい事からハンドル操作がしやすいため、込み入った路地や住宅街でも運転しやすいです。

しかも、タイヤが小さいからこそ車体の足回りが軽量であるので、停止状態から再び漕ぎ出す時にあまり足に力を入れなくても走り出せるのも魅力です。
タイヤの大きさが小さい場合には速度が出ずにペダルを回転させる回数も多めになると捉えられる事も多いのですが、ミニベロはペダルの回転数が多くならないようにロードバイク顔負けの様相でギアが多く備わっているため、回転数が多くなり疲弊するといった心配はありません。
そして、種類豊富な製品が展開されている中ミニベロはクラシックな雰囲気が感じられる物が多いので、ファッションの一部として自転車と付き合いたい方にも最適です。

ミニベロが購入できるショップはこちら

記事一覧へ戻る

HOMEネットショップニュース自転車屋で良く聞く「ミニベロ」って何?