海老をこよなく愛する男が一幻(いちげん)のえびそばを食す

配信日:2019年7月19日

好きな食べ物は?と聞かれたら迷わず「海老」と即答する鈴木です。
そうすると大抵「どんな海老料理が好きなの?」とか「何海老が好み?」とか聞かれるのですが、

答えは全部。私、鈴木は、海老と名のつくもの全て好きなのです。

そんな海老好きの鈴木が、日本全国津々浦々から海老にまつわる商品をお取り寄せして、何と迷惑なことにオフィス内で食しちゃおうという、独擅場の企画を始めることにしました!

第一弾は札幌に本店を構える“えびそば一幻”のえびそば3種です。
早速取り寄せてみました。

届いた時の状態

届いた時の状態

今回注文したのは以下の3種を2箱ずつ。

・えびそば一幻 2食入り えびみそ味
・えびそば一幻 2食入り えびしお味
・えびそば一幻 2食入り えびしょうゆ味

一箱2食入りで648円(税込)、ダンボールにこんな感じで入って常温で届きました。
生麺なのに常温なんですね!賞味期限は製造から40日、常温で保存できるそうです。
価格面、保存が効く点、いずれも常備食によさそうな条件ですね。
送料は972円とちょっと高めですが、1食185gと、まあそこそこの重量なので納得できます。

3種

開封してみる

開封してみる

開封してみる

開封してみる

麺とスープと海老油が2食分、ぴったりと箱に収まってる。

早速調理開始

調理はいたって簡単。よくあるインスタントラーメンのそれと同じで、
麺を3〜4分茹でる間にどんぶりでスープを作り、麺が茹で上がったらどんぶりに盛り付ける。
ただそれだけ、とっても簡単です。

早速調理開始

早速調理開始

早速調理開始

じつはせっかく美味しい海老ラーメンを食すのだから、と、前日から焼豚と煮卵を仕込んでいました。

焼豚

煮卵

早速調理開始

早速調理開始

麺に焼豚、ネギを盛り付けて、一幻特製のエビ油を・・・そして煮卵を添えて完成!!
3種まとめていただきます!!

いただきます!!

いただきます!!

いただきます!!

いただきます!!

うまい!!!!!

海老がとにかく濃厚で海老がガツンとくる。

以下、僕の個人的な感想です。

えびしお:
3種の中で海老の存在感を最も強く感じられました。とにかく海老を感じたい海老フリークとしてはこれを愛せずにはいられません。例えるならそう、若々しくフレッシュな初恋、といったところでしょうか。

えびみそ:
海老の風味と味噌の香りの馴染みが良く、純粋にうまい!と一番思ったのはえびみそ味です。 期待を裏切らないその安心感、嫁にするなら絶対に味噌だと確信した瞬間です。

えびしょうゆ:
味噌のように海老と味噌が馴染んでいるというよりは、海老と醤油がそれぞれ引き立て合ってるなと言う感じ。奥深い。僕もこんなふうにお互いを理解し支え合える夫婦関係を築きたい、と将来の目標を立てるきっかけをくれました。

ごちそうさまでした

ごちそうさまでした

はい、3食完食〜〜〜〜〜!

オフィス全体が濃厚な海老の香りに包まれております!海老テロです!!
仕事の最中にこんなにも海老と触れ合える時間があるなんて、なんて幸せなんだろう。
この調子で日本全国の海老という海老を取り寄せていこうと思います。

おまけ

後半、一幻さんの濃厚な海老に海老塩を追加する“追い海老”で、更に海老感を堪能しました。
ここまで出来てやっと一人前の海老ラバーです。

海老塩

今回注文したお店

えびそば一幻

9年創業。北海道すすきの本店を筆頭に、新千歳空港店、新宿西口、JR東京駅内、六本木などの全国展開と、台湾、香港など世界進出もしている人気店。

エビの頭を15キロ使用し、時間をかけてじっくり抽出した、エビの旨みたっぷりの「えびだしスープ」が人気の秘訣。海老好きをも唸らせる濃厚スープともちもち食感が楽しめるオリジナルの麺で、創業から10年以上経つ現在もファンを増やし続けている。

えびそばが購入できるショップはこちら

 

 

まとめ

この記事を書いた人

ココカイ編集長 ワタナベ

お酒とつまみと食器好き。
絶賛子育て中につき、外食よりも自宅で楽しめるお取り寄せグルメに興味津々。
どうせなら近場では手に入らないものを、と日々こだわりの商品を探しに明け暮れる。

記事一覧へ戻る

HOMEネットショップニュース海老をこよなく愛する男が一幻(いちげん)のえびそばを食す