土用の丑の日になぜウナギを食べるのか?

配信日:2018年7月20日

夏の暑い日々を耐え抜くためには、途中で夏バテをしないように食事でしっかりスタミナをつけなくてはいけませんよね。土用の丑の日にうなぎ料理を食べてしっかりエネルギーチャージをするという家庭も多いのではないでしょうか。

土用の丑の日にうなぎのかば焼きやうな丼を食べることは今ではすっかり夏の風物詩となっています。
でも、いったいどうしてうなぎが食べられることになったのか、そしてそもそも土用の丑の日とは一体何なのか、意外に詳しく知らないままになっているんですよね。
せっかくですから、日本の食文化の一つとして、その意味を正しく理解してみてはいかがでしょうか。

まず土用とは中国の五行説に基づいたもので、四季それぞれに土用というものが存在しています。
夏にしかないものだと思われがちですが、他にも三つもあるんですね。

このうち、夏の土用は黄経117度を通過する時期から、立秋までを言うんですよ。
この合計18日間にそれぞれ十二支を割り当てて、丑が割り当てられた日が土用の丑の日というわけですね。
その年によっては、年に二回巡ってくることもあるんですよ。

肝心のうなぎを食べることになった理由ですが、ちょうど夏の土用の丑の日は梅雨が明けて本格的な夏が到来する季節の変わり目と重なっていました。

昔の日本では季節の変わり目に様々な風習をすることが当たり前だったので、この時期には「う」から始まる食べ物を食べることで食い養生するということが、元々行われていました。
うなぎも食い洋上で食べる食材としての条件を満たしていますよね。

万葉集の記述などを見ると、古くからうなぎの夏バテ解消効果が注目されていたことも分かります。
これらのことをふまえて、当時のうなぎ屋が集客用のキャンペーンとして、土用の丑の日に来店してうなぎ料理を食べた方がいいと宣伝したのが功を奏して大衆の間でヒットし、さらに世間にも広く定着していったのではないかと考えられているんですよ。

旨い鰻を取り寄せるならこちら

記事一覧へ戻る

HOMEネットショップニュース土用の丑の日になぜウナギを食べるのか?